HOME > 営業意識調査アンケート > 設問15. 営業管理職・マネージャーになりたいですか?

設問15. 営業管理職・マネージャーになりたいですか?

Flash Playerをインストールしてください。

マネージャーになりたくない!

「A. なりたい」は26%に留まり、「D. なりたくない」がトップの39%、「B. 言われればなる(積極的になりたいとは思わない)」と「C. 給料しだい」で計29%など、役職者になることに対して、かなり消極的な回答が大勢を占めるという結果となりました。企業ごとの差も余りなく、「なりたくない」と「言われればなる」が逆転する程度でした。

「E.その他」は、「現在、既に経営者・役職者である」という方がこちらを選んで下さったケースと、「現時点では考えられない」といった回答がほとんどでした。

この設問のねらい

これは、「営業に携わる人材として、自分がどのように成長し、どんな役割を果たす人間になりたいか?または、なっていくべきか?」という将来像やキャリアプランについて、皆さんがどのような意識や考えをお持ちなのかを知るために設けた設問でした。

仮説としては「マネージャーなりたい」という方と、なりたくないのであれば「独立して経営者になりたい」という方、「営業のプロフェッショナルとして、売るための技能を追求したい」というような方に分かれると考えていました。

「言われればなる」や「給料しだい」という選択肢が選ばれることはあまりないだろうと予測しており、言わば数合わせ的に用意した選択肢だったのですが・・・。

石原明の視点

石原

この設問に対する答えも意外な結果の一つでした。私的にはほとんどの方が当然管理職やマネージャー職を希望していると思っていたのですが、結果は、Aなりたい26%、Dなりたくない39%と、「なりたくない」という方が大きく上回りました。以下B言われればなる18%、C給料しだい11%ということで、意外に管理職への人気が低い結果に終わりました。

また、いただいたコメントもなかなか考えさせられるものが多く、経営者の方にも、もしかしたら御社の営業マンの方がこんな感想を持ってるかも、ということを知ってもらいたいと思う内容でした。

そのコメントをいくつか抜粋すると、“はっきり言って責任だけ押し付けられて給料が安い!今の上司、見てていかわいそう。”“営業管理職にあまり理想と思える賃金をもらっている人がいません。”“知っている管理職は皆、大変そうだから。”という感じでした。

がんばったら役職者にしてやるぞ!などど、部下を励ましたいる社長さんがこの結果を見た、ちょっと考えちゃうでしょうね。

実はこのサイトの狙いで、優れた営業管理職やマネージャーを育成したいということがあります。そしてその場合の優れたというのはビジネスモデルを構築したりマーケティングのしくみを組み立てられるというものです。こういう、明確なゴールがあると営業管理職やマネージャーは目指すべき役職になるのではないでしょうか。

他の人はどう考えている?

-アンケート回答者のコメントから-

保険業 男性 D
今の仕事がとても楽しいので、お客様と会えなくなるマネージャー職はあまりなりたいと思えない。自分は人と会う事、触れる事で成長すると思っているので営業職を続けていきたいと思う。
物販業 女性 A
営業マネージャーになるために必要なスキルって何でしょう?本人の経験・実績も必要と思うのですが。
情報システム 男性 D
現実にはマネージャーをやっていますが、本当は自分で売っている方が好きです。
不動産業 男性 B
管理職になりたいかと言われると正直まだわかりません。それはまだまだ経験、知識ともに少ないがゆえの答えですが、目指すものとしては、部下に指導がしっかりできるマネージャーになりたいと思います。
製造業 男性 D
中間管理職より社長になりたいです。

すべてのコメントを見る(全22件)