HOME > 営業意識調査アンケート > 設問14. 落ち込んだり、モチベーションが上がらないときは、どうしていますか?

設問14. 落ち込んだり、モチベーションが上がらないときは、どうしていますか?

Flash Playerをインストールしてください。

気分転換も仕事のうち!

この設問に関する回答は、「A. 気分転換をする (趣味・遊び・お酒、等)」が58%、「B. 休みをとる」20%、という結果でした。基本的には、皆さん思い思いに過ごすことでバランスと取っていらっしゃるようです。

特に経営者や役職者の方々の場合は、この「A. 気分転換をする」が、70%近くを占めるという結果でした。なかなか人に相談できる立場でないため、それぞれのやり方でコントロールなさっているようですね。

この設問のねらい

この設問は、まず単純に「そういう時は皆さん、どうしてるのかなぁ?」という純粋な興味からです。そういう意味で、自由記入欄にどんなコメントをいただけるか、楽しみな設問の一つでした。

また、世にある営業系の研修やセミナー、書籍などが、モチベーションを上げたり保ったりすることや、営業としての心構え、気の持ちよう、といったトピックを扱っているケースが多いように感じていたため、という理由もあり、今回この設問を用意しました。

石原明の視点

石原

落ち込んだり、モチベーションが上がらないときは、どうしていますか?

やはり気分転換したり、休暇をとったり、という方が多かったですが、この設問自体、皆さんが自分以外の方の意見を聞ける機会を持てれば、と思って作りましたから、どれが望ましい、というような正解はありません。コメントを読んでいると、皆さんそれぞれ工夫されている様子がうかがえて、こちらの目的は達成、参考になったのではないかと思います。

工夫の仕方は色々ですが、私がなるほどなぁ~と思ったコメントをあげると、小さな目標を立ててがんばって達成感を味わう、まったく違った切り口のセミナーに出る、運動をする、とかはすぐ出来ていいのではないかと思いました。

私は、今はほとんどモチベーションが上がったり下がったりは無いのですが、以前営業をしていた時には、とにかく先までスケジュールを入れるということで、テンションが下がらないようにしていたと思います。

仕事でマイナスがあって落ち込んでも、次にまたやらなければならないことがあると、結構引きずらないで仕事が出来るようになると思います。また、次の仕事で成果が上がったらマイナスも忘れてしまいますからね。そうなるように、先に先に予定だけはたくさん入れるように対策していいました。

最後に、「悠長な事は言ってられないから、何か借り入れを起こしたり、身の丈以上のことをやって、気合を入れてがんばる」という、ある社長さんのコメントには親近感を覚えました。

他の人はどう考えている?

-アンケート回答者のコメントから-

男性 E
息づまったり、モチベーションが上がらない時に、そのことだけにのめり込んで考えるよりも、全く異なる視点のセミナーや書物と出会うと新しい出口が見つかることが多い。特に質の高い内容のモノだとその可能性が高まると思います。
保険業 女性 A
心身共に疲れるとヒントがなくなる。思い切り休むと異なった視点で見れる事が色々あり、自分のいる場所が見えてくる気がする。
保険業 男性 D
仕事の悩みは仕事でしか解決できない。
不動産業 女性 E
一人の時は別ですが、チームや後輩の前ではモチベーションが下がった所を見せると、伝染してしまうので、イベントのように仕事の1つ1つを盛り上げて、乗り切るように努力しています。
不動産業 男性 D
そもそも自分自身の問題なので自分からそっぽを向いては何の解決にもならないため、自分の小さな目標を立てて頑張って達成感を味わうという事を大切にしている。
製造業 男性 A
モチベーションが上がらない時は早めに仕事を切り上げ、運動するようにしています。いつまでやってても非効率的ですし、体力も使います。

すべてのコメントを見る(全38件)