HOME > 営業意識調査アンケート > 設問13へのアンケート回答者の全コメント

設問13へのアンケート回答者の全コメント

設問13. 売れる営業になるために重要なのは?

全60件

E
売れる営業のノウハウ お客が集まっている所に行って売るのが一番楽に売れますよね?それか、周りの人にお客さんを引っ張ってきてもらえれば、自分は営業することなくお客さんがやってきて非常に楽です。(最近はたまたま知り合った人や友人などがいつの間にかお客さんを連れてきてくれます)
男性 B
センスのある人は営業結果がすぐに出るが(販売額が目標に達する)努力・勉強しないので大成しない。
男性 E
お客様が何を求めているのかをいち早く察知することが肝要だと思う。ex:買う気満々で最後にちょっと背中を押してあげる程度とか。ex:商品の説明を一番望んでいる人なのかとか・・・。
男性 E
ヒアリング力 良い営業と同行するとお客の悩み、ニーズ、予算が手に取るようにわかる。質問がうまい。 悪い営業と同行すると「お客が何を求めているか?」を理解しないで商談が終わる。
健康産業 男性 A
自分のセンスが高まることで、センスのあるお客様がいつ、どこで、どのように現れる(=縁ができる)かが良くわかる。しかもその方が喜んで下さり、新しい縁を持ってきて下さるから。
男性 B
売れている人、成功している人を見てみると、明らかにある一定以上の努力を継続して行っていると思われるから。
男性 D
運の良さは自分の自信につながり、運がイイと思えばますます運が良くなっていく感覚をもてる様になる。(プラス発想型になっていく)
男性 D
同じ事をしていても通用するお客とそうでない客があり、また訪問のタイミングが良いか悪いかで結果が大きく変わってくる。運の良し悪しが大きな要因としか思えない。
男性 C
以前上司から自分に似たお客様が一番売りやすいし買ってもらえる確率が高いと教えられ、周りを見てみたら実際に当たっていたように思えた。
不動産業 女性 A
顧客が何を求めて、どう思っているのか感じる事がとても大切だと思う。努力をしないわけではないし、運もよいのも売れる原因だと思うが、一番は顧客の要望、期待にこたえないと売れないため「感じることができる」センスが大事だと思う。
不動産業 女性 A
私が答に選んだセンスとは、物を見る目ではなく、人を見る目のセンスという意味でAを選びました。お客様の態度・表情・仕草・しゃべり方を見聞きして、このお客様は今、どのように思っているかを読み取れるようになれば、きっとお客様との人間関係をうまく築けて、成果も上がるのではないかと思います。
不動産業 女性 A
センスのある人は、全体を見ながら先のことを見据えてお客様と関われていると思います。その他に、自分の感情にとらわれすぎないよう、冷静に物事を見る頭も必要だと思いました。
不動産業 男性 B
良いお客様と知り合い、商談を進めている人は「たまたま、うまくいった」と言うのをよく耳にしますが、運を逃がさず、しっかりとものにするセンスや、日々の努力が必要なのだと思います。
不動産業 男性 A
私は人に物を勧めるのが苦手で営業はすごく難しいと考えています。売れる営業になるためにはセンスが一番必要だと思いますが、努力次第で何とかなるものでしょうか?
不動産業 女性 B
商談前に不安になるのを防ぐために「これだけ努力したから大丈夫」という心の安定剤として努力をします。
製造業 男性 C
自分は今までお客様には恵まれていると思います。良い人間には良い人間が集まるをモットーに日々良い人間になれるように考えております。しかし結果、運がよく良い人とめぐり逢い、影響を受け良い人間になれればと思っております。
製造業 男性 B
製品を買ってもらうには情報提供は必須。ユーザー様が必要とする情報ニーズに答えることが重要!努力して勉強することが大切だと感じる。
製造業 女性 D
運は大事だと思います。昔からうちの家では運は大事で、この世の中は運だけで生きている人もいるのよって言われるからです。
保険業 男性 B
キャラや熱意だけではこちらの自己満足や一方通行で終わってしまうことがある。なので自分の思いを誤解なく10が10伝える工夫だったり、お客さん側に立った商談をするにはどうしたら良いか?という問いを常に自身に問いかけて工夫する努力をしないといけないと思って活動しています。
保険業 男性 A
営業で結果を残していくためにはもちろん努力が必要だと思いますが、努力する方法や方向性もセンスが必要だと考えます。
保険業 男性 C
営業経験がなく保険業界に転職したので最初はマネージャーの振る舞い、話し方をまねして営業していた。しかしどう考えても自分のタイプと違ったので、ある時から自分の自然体で振る舞うようにしたら楽になったし、お客様も増えた。
保険業 男性 B
本当はキャラクターだと思っているが、キャラクターがつくりきれていないので、できることからという意味でBとしました。
保険業 男性 B
自信をつけるために、もっと努力が必要と考えている。これは一般の営業マンと同じ考えでしょうか?
保険業 男性 C
親しくなるとお客様から相談事をされるようになってきたが、自分の立場で考えると信用のおけない人にはやはり相談するはずがなく、やはりキャラクターはとても重要だと思う。
保険業 男性 B
Bと記入しましたが、その後、相手と接する時の接客センス(相手の表情、しぐさなどの変化の察知)もついてこないといけないと思っています。
保険業 男性 A
保険の営業をやってて売れてる人を見てると、頭の中・見た目等センスが良い事に気づいた。センスの無い人は続いていない。
保険業 女性 E
約束を守ること アポイントを取っても行けなくなる事もあると思います。でも事前連絡をしたり、行けないんだけど出来る事を事前にやります。
会計事務所 男性 E
聞く事と強いブレーンを持つこと 客の言う事を聞く事と、解決の為のブレーンを幅広く、多く持つ事。すべてを自分で解決する必要はない。客は欲しいものが手に入れば良い。その欲望を自分がすべて解決出来なくても、自分が介在してやる事で、解決できれば、それも自分の実力。
情報システム 男性 A
「売れる」「ヒットする」商品を見抜く感覚と同じで、売れる人には「どうやったら売れるか」が分かっていて、確信犯的に売っているように思います。このセンスは先天的なものではなく、センスを「磨く」ことも可能だと願いたいです。
健康産業 男性 B
売れる売れないの分岐点は商品力の差と考え勝ちで、売り方やどこにニーズがあるかの発想力が不足していると痛感している。
建設業 男性 A
営業としての自覚はやはりセンスと感じる。お客様の要望をうまく引き出すのも、営業センスの良さ。いかに聞き出そうと思っても、やはりセンスがなければ売れないケースは多い。
製造業 男性 A
もちろん努力も必要だが、センスを磨くのが近道。センスは努力で磨かれる感じがする。でも、持ったセンスが強い人間、高い人間は売れる営業には重要。
男性 E
相手の言っている意味がわかること BtoBの場合、相手の話を理解することが大事だと思います。知ったかぶりをしない方が相手に信頼されるような気がします。
男性 A
センスというか“気付き”の方がしっくりすると思います。
不動産業 男性 A
確かに努力とかも必要だと思いますが、それ以上にセンスが大切だと思います。直感的に判断する事、効率よく営業する事がいい。同じ努力を重ねるならばセンスのある人の方がより上に行けると思います。
不動産業 女性 A
センスは良くできるのか疑問ですが、センスが良い方が楽だと思います。最近は運も大切だと思います。何度訪問しても会えなかった方に、違う人がたまたま行ったら会えるなど・・・。
製造業 男性 A
売れる営業になるために重要なのはセンスと書いたが努力とも思いまよった。
製造業 男性 A
重要なポイントは一つではありません。自分にはセンスがないのであこがれです。運だけでもだめですが、全てが合った時(センス・運・努力)に最大に発揮されます。
製造業 男性 A
周りが見えない営業は売れません。たとえ売れても顧客付き合いは長く続かないと思います。
製造業 男性 C
個性 お互いの個性(キャラクター)を理解する事で、必ず商品の良さを知っていただき、友人などの紹介を得ることができた。相手の個性を理解することに時間をかける。
製造業 女性 B
もともと営業職ではなく事務職であったため、営業に来てから間がたっていないため、回答(B.努力が重要)のように感じる。
保険業 女性 A
センスを磨くための努力は必要だと思う。
物販業 女性 C
色んなタイプの営業マンを揃えた方が、お客サマもたくさん対応できると思うのですが、今もとめられている主なタイプはどんなタイプなんでしょうか?
男性 A
キャラクターで売れる営業も見てきましたが、年齢が上がるにつれて難しくなっていく気がします。相手の思考や感情を感じてそれに合わせる営業をするのはセンスが相当いると思います。
不動産業 女性 A,E
実践力、行動力 センスも大切だと思いますが、自分が「見たり」「聞いたり」「知ったり」したことを実際に試してみる力とそれを検証することができる人は自分なりの成功パターンを見つけやすいのではないでしょうか?
不動産業 女性 A
まわりの売れている営業の人を見ると、営業センスが良いと感じます。それは、タイミングであったり、その人のツボをついた営業手法であったり、運というのもあるかとは思いますが、できる営業の人はその運をしっかり逃がさないようにしているなと感じます。
製造業 男性 B
自分は話も口下手なので苦手で、行動も遅いので、努力することで結果を出してきた。唯一のよりどころです。
製造業 男性 B
石原先生の話を聞けば、どんな人も努力なしには・・・。センスがある人も、そのセンスが作り上げられるプロセスがあるはず。
製造業 男性 B
成功曲線と同じように努力の積み重ねであると思います。
製造業 男性 B
最初のうちはセンスが重要だが、いずれは努力が重要であると思う。
製造業 男性 A
売れるために努力も必要ですが、その努力の仕方が問題なんだと思います。知識を身につける他、コミュニケーションなど幅広く努力していくことが必要だと思います。なのでそのセンスが重要だと思います。
製造業 男性 C
自分の良いところ、悪いところでもキャラクター、自分の性格を知って行動することが重要。
製造業 男性 B
天才は絶対いると思うが、その天才でも努力は必要と考える。
製造業 男性 D
努力しなくても1年~2年目から営業成績が良い人間が近くにいました。今までの担当が努力しても駄目だった事が簡単に受注にこぎつけたりしていました。運も実力のうちかもしれません。
不動産業 男性 A
運も必要だと思いますが、それも含めてセンスが大事かなと思います。お客様の発した言葉に対して的確な反応、次にお客様が必要としている事など、客の立場にたつセンスなどあると思います。
不動産業 女性 B
何事にも努力が大切だと思うので、自分のどこが良かったのか、だめだったのか、常に考え、周りの人の話を聞いて真似してみたり努力したいと思います。
製造業 男性 B
その時の上司が良いか?など運もあるかと思います。
製造業 男性 B
何よりも努力が重要。センスもキャラクターも努力のたまもの。
製造業 男性 B 個性をいかす。人によってやり方が違うはず。 人には色々なタイプがあり、それぞれ努力する部分が違うこともあるから。
製造業 男性 A
売れる営業マンになりたいが、押し売りや情けでは売りたくない。かといってえらそうにプレゼンもしたくない。自分と価値があう人が一番楽しく仕事できる。

>> 戻る