HOME > 営業意識調査アンケート > 設問9へのアンケート回答者の全コメント

設問9へのアンケート回答者の全コメント

設問9. お客さんと本気でけんかしたことがありますか?

全39件

物販業 女性 A
最初はなかなかこちらの気持ちを理解して頂けずに口ゲンカになりましたが、意外とくせのあったお客サマの方が、後々長く定着して頂いている気がします。
情報システム 男性 A
営業は継続的に売り上げを上げるのが目的なので、売上げが上がらないのに筋の通っていない人とはつき合わない。
建設業 男性 A
商売は売り手と買い手は同格、取引条件などに関し、明らかに不利なことを要求されたりした時は、取引をやめる。買ってやっているという意識はゆるせない。社内でも仕入先には、お客様と同じ気持ちで接するよう指導。
男性 D
お客さんともめることが起きたとき、互いに原因があると思うので納得がいかないことがあっても強く言えないと思ってしまう。
広告代理店 女性 D
現状自分が会社の代表ではないので、会社への影響を考えた時、躊躇してしまう。ただし代表からは自分の考えで行動してよいと言われている。一度はケンカしてみたい。
不動産業 男性 A
お客とケンカをしたとき、明らかに感情的になってしまうのが悩みです。本当は穏便に断りたいのですが・・・
不動産業 女性 C
親子関係が良くないお客様と商談していまして、双方の言い分や気持ちを聞いていてその仲介に私が入っていたことがありました。双方に相手の気持ちを伝えても、聞く耳を持ってくれなかったりお互い距離を縮めようとしなかったので、丁寧な口調で「もっと相手のことを考えてください。」と言ったことがあります。
製造業 男性 A
仕事上営業サービスを行っていますが、訪問修理完了した後修理代を請求したときにゴネリ始めてケンカになりました。機械も正常に作動して問題も無く・・・自分の技術に自信があるので、自分は正しいと思いますが、もう一人の自分が「ダメだよ」と言っています。どうなんでしょう?
製造業 男性 B
お客様とケンカをすると良いことがおきる気がしなかった。
製造業 女性 B
いかに円滑に仕事を進めるかを考えている。まだケンカをできるほどの力が無い。ケンカして仲良くなれればいいが、ならなかった時のことを考えると一歩踏み込めない。
保険業 男性 B
お客様と本気でケンカするということは、プライベートな所だと思いますが、お客様とケンカするぐらいの内容があるかが、よくわかりません。
保険業 男性 A
半日ケンカをしてそれからは全て注文が来るようになった。(取引をして間もないころ)
保険業 男性 C
アポイントに対して、当日キャンセルが2回続いたら「もうお付き合いはできません」と言って、二度とアプローチしません。
保険業 男性 B
お客様と本気でケンカする局面になったことがないという方が当たっているかもしれません。出来ない事は出来ないと伝えますがそれでケンカになる様なことはないし、そこまで腹立たしくなる顧客にも出会ったことがないので。
保険業 男性 D
本気でケンカ(対立、アプローチ)するが、表面的にはとりつくろっている。
保険業 男性 B
顧客とケンカする事はご法度だと言われているのですが、ケンカするほど、仲の良い関係になることもありだと思います。実際、ケンカすることは良い事なのでしょうか?
男性 A
お客様から理由もわからず怒られ、最初は聞いていたが、あまり失礼な事を言われたので言い合いになった。
男性 A
お客さんが、あまりにも無理な条件で契約を望んで、最初はおとなしくきていたのですが、話もどんどん横柄になり、しまいには人をバカにするような発言!!ブチッときれてどなってしまった。そのあとお客さんはビックリしておどろき、まさか怒るとは・・・。そのあと気まずくなるかなぁ~と思ったのですが、逆に契約が決まってしまった。
男性 A
若気のいたりと反省しております。現在はけんかにならないよう気配り配慮の努力をしております。
健康産業 男性 C
教育関係の仕事です。仕事上必要があるので一応怒ったフリ、または喜んだフリ(これは大抵本当に喜こばしいので、あまりフリではありません)をしています。
男性 A
相手に対して良かったと思ったことを逆手にとられ、本気で言い合いをしたが、それが幸いして付き合いが永くなる体験をした。
不動産業 女性 B
お客様とケンカすることなんてあるんですね。驚きでした。
不動産仲介業 男性 C
怒った方が成約できると感じたから
製造業 男性 A
特約店店員とメーカーのあるべき姿について深夜まで口論となったが、それ以降人間関係がUPした。
製造業 男性 B
サラリーマンなので無理そうです。
製造業 男性 A
人を選んでたまにはケンカをします。でも後で謝ります。ケンカをした後に仲直りをすると親しくなれるときがよくある。
製造業 男性 C
怒ったフリをしたことでお客様と本音で話すことができ、良い結果へつながったケースがあったので。
保険業 男性 C
言いにくい事をあえて言うことで人間関係が深まると考えています。
保険業 男性 B
けんかする原因が自分では見当たらない。
保険業 女性 A
新人の頃、冷やかし目的の見込に振り回された。申し込み・入金他全部完了した後にクーリングオフを食らったのには参った「最初から入るつもりは無かった」という言葉にキレました。
男性 A
今になって思えばやはりお客さんとはケンカをしてはいけないという事がわかりました。結局は損をする。
不動産業 女性 C
契約目前で他社の値引きを引合いに出され、涙ながらにそんな事で決めてしまうんですか?と抗議した事があります。(半分演技なのか本気なのかわからなくなりましたが・・・)結果、お客様と思っている事をはきだす事になり、値引きなしで契約していただけました。
不動産仲介業 男性 A
納品後の回収において、ありもしない言いがかりで払わないお客様と1時間に渡る口ゲンカをした事があります。契約前に気をつけなかった自分がなさけないと反省しました。
製造業 男性 D
してみた(ケンカ)
製造業 男性 B
まだそこまで相手のことを思いやれてない。
製造業 男性 D
嫌われる、クレームにつながるのがこわい。
製造業 男性 C
パフォーマンスとしてしたことがある。 怒ったフリというか本音でムっとすることは今までに何回かあり、相手にもその表情がバレてしまうが、こちらが相手の事も考慮し本気で考えた提案であれば、茶化されたら怒る。
不動産業 男性 B
お客様と本音で向き合い、ケンカするのはケンカの質にもよりますが、信頼もグッと上がる可能性も高いことだと思います。私は実際ケンカしたことは無いのですが、ケンカする時に”会社”や”人間関係”というものを意識しながら皆さんケンカされるのでしょうか?
製造業 男性 C
本当に怒ってしまっては意味が無いが、相手をこちらのペースに乗せるためにも、場合によっては「怒ったフリ」は必要と思います。(相手にもよりますが)

>> 戻る