HOME > 営業意識調査アンケート > 設問6へのアンケート回答者の全コメント

設問6へのアンケート回答者の全コメント

設問6. お得意様に仕事と関係のないお願い事をされたら?

全56件

男性 A
お客様の願いを聞けば、立場が強くなり、又、コミュニケーションも良くなりその後の商談も上手く行った事が沢山あった。※お願いが上手く行かなくても、効果は同じである
A
お得意先から仕事に関係のないお願いをされるということは、自分を信頼してくれている証しだと思う。なので嬉しくて受けてしまう。そもそも仕事とは誰かに喜ばれることが目的なのでそれで良いと思う。自分が頼られて一番うれしい。
情報システム 女性
D 直接仕事に関係なくても可能であれば努力する。 私が常に意識していた事は売上を上げる事ではなく、お客様にとってよきアドバイザーである事です。ですので直接自社製品と関係ない事でも、出来る限りの情報は提供させていただきました。そうする事で何かあったら彼女に相談しようと思っていただきました。それが結果として売上につながっていました。
男性 A
得意様から願い事をされる事はよくあります。得意様が心を許してくれているからということを感じます。互いに信頼関係を築けたらよい顧客になっていただけると思います。
男性 A
自社が依頼を受けていない案件に関してもネットワークを活用して対応しています。これによって自社に依頼される仕事の幅も広がっています。
不動産業 男性 E
マンション営業に関する内容であれば受ける。それ以外であれば断る 契約をいただいたお客様に不動産に関する相談を受け対応したところ、他の土地で2棟目を検討したいと言っていただき、信頼を得る事ができた。また、自分が出来る事、出来ない事をはっきり言うことで相手も自分が出来る事について相談してくれるようになった。
製造業 男性 A
仕事以外のお願い事を聞くことで、人間関係が密になったり意外な展開があることがあるので。
製造業 男性 E
内容による 特約店店員よりPCの購入について相談を受け、アドバイスを行いコミュニケーションUPとなり、見込み客を紹介してくれる数が増えた。
製造業 男性 C
限られた営業時間を有効に使うためにも、基本的には断る。次も同じようなお願いをされてしまうため。
製造業 男性 D
あくまでもビジネスの関係でありたい。もちろん余計なことを抱えこみたくないとも思いますし、しっかりとして線引きをしたいというのもあります。しかし、「仕事=親切」ならば断らないべきなのでしょうか?
製造業 男性 A
あまり手間にならないものなら行う。基本的にはお客様に役立とうと思っているが、お客様と営業という壁みたいなものができてしまっている。それを崩そうとするが、うまくはいかない。他の営業でお客というか友達に近い付き合いをしている人がいるが、どうすればそのようになれるのがわからない。
製造業 男性 A
“自分が少し頭を下げる位で出来ることなら、お客様のために何でもします。でも出来ないときはお断りさせていただきますので、その際はお許し下さい”とお伝えした上でお引受します。その後、本当に断りたい時にその断りをお客様は受け入れてくれます。
保険業 男性 A
できない事はちゃんと断るが、少しでも力になると思った時には受け入れる。どんな事も、自分を、一度は情報が通る事によってあの人に聞けば何か為になるとの信頼になっていくと思うから。
保険業 男性 A
自分のお客様がそういうお願いをされる時はよっぽどのことだから。又、お願いごとがあっても興味関係のお願いだったりする。
保険業 男性 D
お願いの質による お客様のお願いの中には、自分本位の身勝手なものもありますが、中には誰に相談してよいかわからないが、この人になら相談してみようかと思ってされる相談もあります。保険での問題解決以外でもできれば役に立て、喜んでもらいたいと思っておりますので。
保険業 男性 A
基本的に話を聞いて見て、自分が役に立つ又は情報提供できることであれば受け入れる。
保険業 男性 E
できる事は受ける 無理のない範囲でやってあげるという意味です。
保険業 男性 E
内容によって受け入れる お客様にとって気軽に相談をされる存在になりたいと考えているので、自分に出来る事であれば力になりたいと思っています。
保険業 男性 A
目先の成果ばかりを追うのではなく、お客様への貢献でお客様の成功に寄与し、その結果自分も幸福になれれば良いと思っています。
保険業 男性 A
お客様からお願いごとををされるのはチャンスであり、そこから次の商談が生まれることがある。
保険業 男性 A
仕事以外の事でお客様から頼まれた時は自分が可能な限りできる範囲で協力してます。無理難題な自分でもどうしようもできない内容はその場できちんと断ります。基本的に受け入れるのは何故かというと、自分の仕事と+αをお客様に認めていただく為に続けています。
保険業 男性 A
まず相手から「ありがとう」と言ってもらえるように意識しています。バーターの話は受けません。仕事以外で何か相手にしてあげられる事はないか考えています。
保険業 男性 A
出来る事はしてあげるが、もちろん出来ない事もあるのも事実。状況にあわせて対応している(自分の現職以外の得意分野などを生かす事など)
保険業 男性 A
仕事に関係のない事をお願いされた場合、基本的に受け入れてまずやってみる。即、断る事も必要かと思うが、自分の処理能力、人脈の強さを試す場でもあるので、受け入れる事で勉強になっている事が良くある。決して‘こび‘を売っているわけではないのです。
保険業 女性 E
受け入れられる内容ならOK(選択) できることまで断ることはない。人と人との付き合いだからと思っているから。(無理なことまでしないといけない客はいらない。)
保険業 女性 C
取引関係の商品を勧められますが、私の生活レベルからして高価な金額のため
保険業 男性 A
常識的なお願いでしたらお手伝いする。受け入れる。
保険業 女性 B
生保損保の企業(相手企業)のチケット等をどうしても年2~3回位依頼を受けるが毎年量が増加してきている。その企業に対し、何か(苦痛)不満を感じている。
建設業 男性 A
顧客のお願いはALL OK!ではありませんが、例えば、週末にゴルフの誘いがあれば、私は、行きます。夕方突然の食事の誘いにも出向きます。下心が全く無いとは言いませんが、それも仕事(楽しい)だと本気で思っています。
広告代理店 男性 E
おもしろそうな事は引き受ける 営業成績に関係のない事でも「おもしろい」と感じて引き受けることはその後、紹介や他のビジネスチャンスにつながる事が何度かあったから。
男性 A
お客様のビジネス以外のニーズに対してのオファーがあることが、より太い信頼関係に早期になると考えているので、又そこから見えない一面が見えたりするので、大きくプラスになると思っているのですが、それ自体はどうなのでしょうか?
男性 A
自分の持っている物(知識・人脈・物)を渡すことによって相手が喜ぶなら全部出す。全く力になれないことは正直に断る。
不動産業 男性 A
仕事以外の事を頼まれた事こそ人間関係の構築に役立つと思うのですが、違うのでしょうか。こういう場合、きっぱりと断るべきなのでしょうか?
不動産業 男性 A
仕事以外のことをお手伝いすることで、お客様がとても信頼してくれるようになった。
不動産業 女性 A
業務外かな?と思うようなことでもお客様にとっては家づくりに関することで、ご不明なところであるのでお手伝いしている。家づくりとひとくくりにいっても、いろんなことに関わるので、ボーダーがよくわからない。
不動産業 女性 A
全く関係なく、しかも困難なものであれば断りますが、ちょっとした自分でもお手伝いできることであれば力になりたいと思います。やはり自分のお客様だから好きだし、そうしてあげたいと思ってしまいますが、良くないことなのでしょうか?
不動産業 男性 C
一度、関係のないお願いをされてしまったことがあります。そのために仕事の時間を割いたので次からは断りました。
製造業 女性 A
お願い事のレベルにもよりますが、基本的には受け入れるべきでは?と思いますがどうなんでしょうか?
製造業 女性 C
基本的には仕事以外のお願い事はされないが、今後されるようなことがあったらなるべく断りたい。けれど、“NO”とはなかなか言えないと思います。
製造業 男性 B
なかなかキッパリと断れない性格なので、誘われたら断らずに受けてしまう。先生の本を読んでみたいと思いました。
製造業 男性 A
設問NO.5での「合うお客」に関しては、自分のできる範囲でお願いやお調べごとを手伝っています。人脈も広がり、自分の業務以外の体験も出来るので面白いです。
製造業 男性 D
始めは断りたいが断れない方でしたが、だんだんお願い事が多くなってくるので、今ではきっぱり断っています。
製造業 男性 B
断りたいがコミュニケーションを重視すると断れません。(飲みの誘いなど)
保険業 女性
できないことはきっぱり断ります。
保険業 男性 B
断るということがかなり苦手です。相手が不快にならないか心配です。どなったり、カッとしたり、怒ったりもできません。どうしたら「断ることができるでしょうか?」
保険業 男性 E
出来る事はやる。 出来ないことは断るし、自分が努力して出来る事であればトライすることが多い。
情報システム 男性 B
「仕事以外のこともお願いされるということは、非常に信頼されているということだ」という思いと、「御用聞きではないのだから、線引きをしっかりした方が良いのか」という思いでいつも迷います。
男性 D
きっぱり断る。クロージングするかしないかに関係ないから。便利屋ではないから。
不動産業 男性 A
仕事とは関係ないお願いであっても、そのお願いを受けることで、人間関係を作れるのであれば、必要な事だと思いました。
不動産業 女性 A
基本的に自分の好きな客(仕事においても上司や同僚)などからのお願いは受け入れます。ただ嫌いな人からのお願いは物によっては断ります。
製造業 男性 B
仕事以外での関係をお願いされて、断ると人間関係がくずれてしまう恐れがあるので不安です。アドバイス下さい。
製造業 男性 A
自分の顧客と思ったら、人間として受けます。相手も仕事以外の事を持ちかけてくるということは、信頼など生まれているからだと思います。
製造業 男性 B
相手がお願いしたそうな態度を見逃さないようにしているが、利益の無い人にはあえて見逃す。
製造業 男性 D
関係ないことを毎回引き受けていると、きりがないと思います。
保険業 男性 A
相手が満足するような人を紹介する事が多い。
不動産業 男性 B
基本的に、あまりに関係のないような事をお願いされた際、自分にとってすごく面倒であれば断りますけど、なかなか言えません。断るのが何か悪い気もします。

>> 戻る