HOME > 営業意識調査アンケート > 設問4. 服装や髪型など、見た目にどのくらい気を使っていますか?

設問4. 服装や髪型など、見た目にどのくらい気を使っていますか?

Flash Playerをインストールしてください。

十人十色、百社百様、という結果に

「C. 失礼のない程度には気を使っている」が約半数でしたが、この設問への回答結果は、最も企業ごとに傾向に開きが目立ったもののひとつです。ある企業では「A. 常に細心の注意を払っている」と「B. かなり気を使っている」が70%近くを占める一方、別のある企業では「C. 失礼のない程度」だけで80%、「A. 常に細心の注意」は1人もいない、という結果で、オシャレや身だしなみについての考え方にも、会社ごとにとても特徴が出るようです。

この設問のねらい

営業であれば誰しも、少なからず「お客様に良い印象を持ってもらいたい」という気持ちから服装や身だしなみに気を配るものですが、これは回答者の方のコメントにも、その傾向が良く現れています。

営業を語る上で昔から良く言われていることとして、「まず自分自身を売り込む」といったような考え方がありますが、こういった意識や気持ちを、営業の現場にいらっしゃる方々が、どれだけはっきり持っているものなのかを知りたいと考え、この設問を設けてみました。

石原明の視点

石原

服装や身だしなみに関してはかなり意見が分かれると思いますが、約半数の方がかなり、もしくは相当気を使われているという回答でした。また、コメントを読んでいるとお客様に対して気を使っているというコメントと、主には自分のモチベーションを維持するために身だしなみに気を使っているという方があり、正反対の目的のために服装に気を使っている様子が分かって面白かったです。なるほどなぁ~って思いました。

また、こういう身だしなみに関しても、その方の実力に合わない形で華美になったりすると逆効果になってしまうので、オシャレにしたかったら専門知識で圧倒的に他の営業マンに差をつけるなど、実力も大切だと思います。

私の事を聞きたいという方も多かったので、私の場合と感想ですが、私も服装にはかなり気を使っています。そのことによって相手に与える印象もかなり大きい様に思います。なので、お客様のためにも、自分のモチベーションのためにも服装や身だしなみに気を使うことは良いことだと思います。

また、最近は営業マンもこういったセンスも含めて顧客から信頼される場合が多くなっていると思います。ということで、清潔はもちろんですが、出来る範囲で身だしなみに気を使う、というのは賛成です。

他の人はどう考えている?

-アンケート回答者のコメントから-

製造業 男性 C
第一印象は見た目が8割というが、気合を入れたオシャレをするより親しみやすいくらいにしておいた方が良いと考えた。
不動産業 女性 B
商談する相手の性別・年齢・人間関係の構築度合い・接触回数やその日の商談内容によって服装は考えます。(服の色・アクセサリーをつける、つけない。スーツor作業服等)その戦略が的を得ているかどうかは不明ですが、自分なりにモチベーションが上がったりはします。
製造業 男性 B
靴磨きを本格的に調べて行っています。お客様も靴好きが増えており、評判が良いです。
会計事務所 男性 B
身だしなみには気を遣います。と言っても、当たり前のことしかしてませいませんが・・・。Yシャツはクリーニングに出すよりも自分でアイロンした方が朝着る時に気合いが入るので、自分でアイロンしています。
不動産業 男性 B
人と会うときには身だしなみを整えるのは当然ですが、加えて身だしなみは相手に自分の気持ちを伝える効果や気合を入れる効果があります。いつもよりピシッとした格好をしていると、相手にも「大切な話をしようといている」のは伝わると思います。

すべてのコメントを見る(全23件)