HOME > ケーススタディーとQ&A > Q, 不動産業で「満足保証」をHPからの来店促進に活かせないものでしょうか?

Q, 不動産業で「満足保証」をHPからの来店促進に活かせないものでしょうか?

この記事をブックマークする  ブックマークに追加する

私は現在賃貸不動産仲介会社に勤めており、いかにHPからの問い合わせのお客様に来店していただくか・・・を日々考えております。(最近はHPで物件を絞り込んでからご来店される方も多いのです)

そこで当社のサービスや提供情報にご満足いただけなかった場合何らかの形で返金しますという風に「満足保証」を活かせないかと考えていますが・・・・・当社はご来店の顧客に対しては満足いただけるお部屋探しができると自負しておりますが、仲介という立場上どういう切り口で「満足保証」を来店促進に活かす悩んでいます。

是非ともご意見を頂戴したいと思いましてメールさせいただきました。宜しくお願いします。

A, 「お客様満足10箇条」と満足したお客様からの声をHP上にたくさん載せてください。

「満足保証」は難しいと思いますので、「お客様満足10箇条」と満足したお客様からの声をHP上にたくさん載せてください。それとHPに情報が少ないと問い合わせは得られません。そちらの見直しも必要ではないかと思います。

○仲介の仕事なので、返金という打ち出しは返ってお客様に不信感を抱かせる可能性があります。それにみ~んなやっているのですでにインパクトは弱いと思います。

それよりも誠意を持って仕事をしているということが純粋に伝わった方が良いと思います。「満足保証」を売りにしようと思うのならば、例えば「当社では○○というようにお客様に接しています」というような文章を箇条書きにして「お客様満足10箇条」などを作ってみてはどうですか?

もちろん、これだけでは弱いので満足してくれたお客様の声もHP上に上手に載せてください。(写真や手書き文があればとても良いです)

○このお客様の声で、あなたがお客様に伝えたいことを取り上げるとあなたが直接話すより何倍も信頼を与えます。
『HPを見て親切そうだったのでお店に行って相談したところ、本当に丁寧にお答えいただきありがとうございました。前に別のお店に行ったとき乱暴な対応をされた経験があったので不動産屋さんに対してあまり良いイメージをもっていなかったんですが、こんな親切な会社もあるんだと安心しました。』見たいな感じです。あ!もちろん創作はダメですよ、それからお客様には掲載の連絡もしてくださいね。

○あとHPの反応が悪いのは情報量が少なくて見ても必要なことが分からない⇒結果信頼できない。という理由が一番多いのですがそっちの方は大丈夫ですか?
そこが満たされていないと、いくら打ち出しを強くしても反応は得られません。同時にチェックしてください。

どうなったか結果も教えてくださいね(^^♪